美容皮膚科・アンチエイジング・美容外科・形成外科 池袋 さくらクリニック
ホーム 診療内容 施術までの流れ 料金一覧 ゲストの声 Q&A 社会貢献活動
アクセス
美容皮膚科・さくらクリニックホーム>さくら通信〜院長のお勉強部屋
さくらクリニック 倉田大輔のブログ

2008/9/4 木曜日

「Tapestry」出演 4日目!

東京FM「Tapestry」の「Happy Housing」出演 4日目の内容です。

今日は、「夏バテ肌」に良い食事です。

★夏バテ肌に良い食事
夏で疲れたお肌のためには、偏食をせず、バランスのとれた食事が大切です。

ビタミンA,C,Eなど、いわゆる「ビタミンACE(エース)」は抗酸化作用をもち、肌にダメージを与える活性酸素を減らす効果があります。

★ビタミンA肌を健康に保つことで知られる、ビタミンAですが、抗酸化作用は各種ビタミンの中でも一番強力。脂溶性のビタミンなので、油脂と一緒に取ることが体内への吸収をアップさせます。緑黄色野菜にたくさん含まれているので、ほうれん草・ニンジン・カボチャを使った料理がおすすめです。ビタミンCお肌に含まれるコラーゲンの生成を助けるのがビタミンC。タバコやストレスなどでも消耗されますから、たっぷり摂取することが大切。ジャガイモやブロッコリー・ほうれん草などの緑黄色野菜やレモンなどの果物にたくさん含まれています。 「ゴーヤ・チャンプル」「ほうれん草のソテー」などもお勧めです。

ビタミンEは、お肌の新陳代謝を促進したり、毛細血管を拡張させて血行を良くする働きを持ち、老化や生活習慣病の予防にも役立ちます。アボガド、緑黄色野菜、ナッツ類に多く含まれています。

「野菜スティックとアボガドディップ」というのも良いですね。最近は、ブロッコリーやカボチャなどの冷凍食品も出回っていますので、「簡単で、お肌に良い」メニューを探してみましょう。もっとお手軽にこれらのビタミンを取るなら、 「ローズヒップティ(ビタミンACE)やハイビスカスティ」といったハーブティもお勧めです

さくらクリニックでは、お肌に必要なビタミン類を効果的に取る方法として、 「点滴BAR」を行っています。  

今月からは「秋の乾燥対策 点滴」もスタートします! 

東京FM「Tapestry」の「夏バテ肌対策」は本日で終了です。

さくらクリニックにも、夏のお肌のお手入れ方法でいらっしゃる方が大変増えています。

「夏バテ肌」は、「早目に、的確なケア」大切ですね! 

「Tapestry」をお聞きくださったリスナーの方々、パーソナリティの西任白鵠(にしと あきこ)さん、東京FMのスタッフの方々、

本当にありがとうございました。 

さくらクリニック

2008/9/3 水曜日

「Tapestry」出演3日目!

東京FM「Tapestry」の「Happy Housing」出演 3日目の内容です。

今日は、まだまだ強い「紫外線」のお話です。

8月に比べれば多少弱まったといえ、5月の連休と同じくらいに強い「紫外線」!

十分注意が必要です。

★紫外線対策
紫外線はシミの原因として知られていますが、肌荒れやシワの原因にもなります。まず、よく聞くSPFという言葉ですが、「何も塗らない状態と比較して、肌が赤くなる<サンバーン>が始まるまでの時間を何倍に延せるかという指標です。「シミ」ができるまでの時間ではありませんから、注意が必要です。通常、日差しの下にいた場合、平均20分でサンバーンを起こすと言われています。例えばSPF20の日焼け止めを使用した場合のサンバーンまでの時間は(20×20)400分(約7時間)になります。すなわち、約7時間はサンバーンを防げる能力である!ということなんです。 買い物などの日常生活や屋外での軽いスポーツなどの場合はSPF2030程度ゴルフやマリンスポーツなどの場合はSPF50程度と、日焼け止めも生活シーンで使い分けることが効果的です日焼け止めも色々な製品が発売されていますから、ご自身の肌に合ったものを使いましょう。時々、患者さんでも「何となく肌に合わない感じだけど、もったいないから使い続けている」という方がいるのですが、 「肌に合わない場合は、中止する」が基本です。もし、それでも心配な場合は、さくらクリニックを含め皮膚科などの医療機関を受診することをお勧めいたします。「知っておきたい、日焼け止めのエトセトラ」はこちらで!明日(9/4)は「夏バテ肌に良い食事」です!東京FM「Tapestry」の「Happy Housing」も是非お聞きください!

さくらクリニック

2008/9/2 火曜日

「Tapestry」出演 2日目!

東京FM「Tapestry」の「Happy Housing」出演 2日目の内容です。

★夏バテ肌のお手入れ方法
夏で疲れたお肌のケアは、 「丁寧で、やさしいケア」が基本です。
まずは、メイクを落とす.レンジング、次に∪顔というダブル洗顔を行いましょう。

ファンデーションなどはクレンジング剤で落としてから洗顔をします。

洗浄力やお肌への優しさを総合的に考えると、「クリームタイプ」がお勧めです。

洗顔は汚れをしっかり落とせるシンプルなものを選びましょう。
うるおい成分や油分が入っているものもありますが、固形石鹸などのシンプルなもので十分です。
「ゴシゴシこすらず、丁寧に洗う。髪の生え際などに洗顔料が残りやすい」ことを覚えておきましょう。

洗顔後のお手入れは「化粧水+保湿成分配合の美容液」がシンプルなスキンケアの方法になります。
化粧水は「肌の水分量を増やす」と考えている方も多いようですが、「化粧水の水分は時間と共に蒸発」してしまいます。
「化粧水は配合されている美容成分をお肌に与え、美容液の浸透を助ける」と考えてください。

シミの予防やコラーゲン合成に不可欠なビタミンC入りがお勧めです。

次に美容液は肌の保水機能に欠かせない、セラミドやヒアルロン酸が配合されたものがお勧めです。
ニキビになりやすい方が、油分の多い美容液を使うとニキビが悪化する場合もありますので、ご自分に合ったものを選びましょう。

ジェル状のさらっとしたものが使いやすいと思います。

外出せず屋内にいる日でも、ガラスを通して紫外線は入ってきますから、
パウダータイプのファンデーションや日焼け止めは最低限つけましょう!

日焼け後のケアには、ビタミンCが効果的です。
果物や野菜などビタミンCたっぷりの食べ物をお口から摂取することは良いと思います。

また、医療機関で行っているお肌の中にビタミンCを効率よく浸透させる「ビタミンCイオン導入」も効果的です。

明日(9/3)は「紫外線対策」です!

東京FM「Tapestry」の「Happy Housing」もお聞きください!

さくらクリニック

2008/9/1 月曜日

「Tapestry」出演 1日目!

東京FM「Tapestry」の「Happy Housing」出演 1日目の内容をアップします。

★お肌の夏疲れ(夏バテ肌)

夏が終わる9月頃は、お肌も非常に疲れた状態になっています。

髪の毛や爪が生え換わるのと同様に、お肌は少しづつ新陳代謝を繰り返し、生まれ変わっています。

この新陳代謝は28日周期で行われていて、 「ターンオーバー」と呼ばれています。

年齢を重ねるごとに「ターンオーバー」の周期はのびて、 40歳では40日かかる」と言われています。

「ターンオーバー」がスムーズだとイキキした素肌を保つことができますので早めのケアが大切です。まず、夏は汗のために、肌の表面が湿っているため、冬よりも保湿に気を使わない方も多いです。

ところが、夏の間に使用するエアコンにより肌は乾燥し、肌を守るためにお肌の角質が厚くなります。そのためゴワゴワした感じが気になる方も多いと思います。さらに、肌に沢山の紫外線を浴びるため肌細胞が傷つけられ、シミだけでなく、肌荒れやシワにもなりやすくなります。9月に入り、日差しも多少和らいでいても、紫外線量は5月の連休と同じくらい多いですからまだまだ紫外線対策は重要です。

今週木曜までの残り3日間で、

<夏バテお肌のお手入れ方法、紫外線対策、夏バテ肌に良い食事>についてお話をさせていただきます。明日(9/2)は「夏バテお肌のお手入れ方法」です! 

東京FM「Tapetry」の「Happy Housing」も聞いて下さいね!

さくらクリニック